ダイソーの保存容器「ロックポットスリムS」が調味料・乾物ケースとして使いやすい!

先日、ダイソーの「ロックポットスリムS」という保存容器を買いました。煮干し入れといして、何かちょうど良い容器はないか探していて見つけたのがこちら。今まで煮干しは、一般的な調味料ケース(砂糖や塩を入れるのに使うようなもの)を使っていましたが、ロックポットスリムSを使い始めてから、使い勝手&見た目が良くなりました!

  

フタが立つ・積み重なる保存容器

ロックポットスリムSは「フタが立つ・積み重なる」をウリとした保存容器。ダイソーで108円(税込)。しかも日本製です。

f:id:kurasinomemo:20181109110033j:plain

ロックポットスリムのシリーズはサイズがいくつかあり、サイズによって横型だったり、縦型だったりとデザインが異なります。私が選んだのは、750mlのもの。

こちらは、横型でふたが大きく開くタイプ。何を入れるかにもよりますが、ガバッとふたが開く形がとっても使いやすいと感じました。

   

煮干し・砂糖を入れてみた

煮干しを入れてみるとこんな感じ。750mlなのでたくさ入るし、ふたが大きく開くので取り出しやすい。しかも「ふたが立つ」ので、毎回ふたを外す手間がないのも地味にラク。「パカっとふたを開けて、さっと煮干しを取り出して、ふたをカチッとしめられる!」このスムーズな流れ、スリムなのに、たくさん入るという適度な容量、最高です。

f:id:kurasinomemo:20181109110102j:plain

今まで使っていた調味料ケース、こんなもんだと思って使っていましたが、ロックポットスリムを使ってから、ようやく自分の求めていたものが見つかった気がしました。日々使うものがお気に入りだと、家事がはかどる気がします♪

 

そして、砂糖ケースもロックポットスリムに変えました。我が家では、きび砂糖を使っており、湿気を含むとすぐに固まってしまいます。固まるのを防ぐため冷蔵庫に入れているのですが、今までの調味料ケースはフタがぱかぱかして、しっかり閉まらないのが気になっていました。子供が使うときも、気を付けないとすぐにフタがパカパカあくので、こぼれちゃったり。

f:id:kurasinomemo:20181109110122j:plain

ロックポットスリムなら、カチっと閉まるし、使いやすそう。ちなみに、シール容器のタッパーの方が密閉性は高いです。ロックポットスリムはカチッとしまりますが、弱い力で簡単に開けることができます。

 

冷蔵庫の中もすっきり!

冷蔵庫の上段には、煮干しや砂糖、バター、パスタケースなどを入れているのですが、こんな感じになりました。上段のスペースに、高さもピッタリ収まっていい感じ。

f:id:kurasinomemo:20181109110139j:plain

 

冷蔵庫を春に買い替えた際、以前のものより小さめのものを選んだら、思っていた以上に使い勝手が悪くなってしまい、日々試行錯誤中です(汗)以前の冷蔵庫が大きすぎて、いつもスペースが余っていたので、小さめのものを選んだのですが「スペースに余裕がある」って大切だったなぁと実感。今は、効率よく食材をしまわないと入りきらず、収納方法を色々と見直しています。

以上、ダイソーの保存容器「ロックポットスリムS」のレビューでした。