清澄庭園へ行ったよ!子供も楽しめる庭園でした。近くの深川江戸資料館もおすすめ

先日、清澄庭園(東京都江東区)へ行ってきました。きれいな庭園は非日常感があって、大人にとっては癒しのスポット。子供(小学校低学年)にはまだ早いかなとも思ったのですが、大きな池に飛び石があったり、鯉や亀がたくさんいたりと、子連れでもとても楽しめました。

清澄庭園はどんなところ?

清澄庭園は、泉水、築山、枯山水を主体にした「回遊式林泉庭園」。こういった造園手法は江戸時代の大名庭園に用いられたものですが、明治時代の造園にも受けつがれ、清澄庭園によって近代的な完成をみたといわれているそう。

f:id:kurasinomemo:20181106111312j:plain

 

庭園内の様子はこんな感じです。いつもいく公園とは違う「庭園」に興味深々の子供たち!子連れで行くには、あまり向かないかな~とも思っていたのですが、大きな池、橋、飛び石、鯉、亀、カモやアオサギなど、見るものがいっぱい。子どもたち、ずいぶん楽しそうにしていました。

 

清澄庭園へのアクセス・入園料

清澄庭園は、都営大江戸線東京メトロ半蔵門線清澄白河駅のA3出口から、徒歩約3分のところにあります。

住所: 東京都江東区清澄二・三丁目

入園料:一般150円、65歳以上70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)

 

子連れにおすすめのポイント

まずは広い池。庭園内に入ると、まず目に入ってきます。昔は隅田川から水をひいていため、潮の干満によって池の景観が微妙に変化したそう。現在は、雨水でまかなっているそうです。

 

次は、この飛び石。池の端に石がとびとびにおいてあり、歩けるようになっています。これが、一カ所だけではなく、庭園内に何カ所かありました。飛び石は、一歩進むごとに、見る景色が変わってくるのも面白いですよね。子供たち、池に落ちないように慎重に渡っていました。子供だけではなく、大人にも人気らしく、飛び石のエリアはわりと混みあっていました。

f:id:kurasinomemo:20181106111430j:plain

 

橋もありました。自分たちの姿と橋が、池の水にキレイに反射しています!

f:id:kurasinomemo:20181106111445j:plain

 

鯉や亀もたくさんいました。鯉がたくさんいる池はよくありますが、清澄庭園の池には亀がたくさんいます。飛び石があるエリアの近くに、多くいましたよ。あと、亀に加えて、スッポンらしきものもいました!

f:id:kurasinomemo:20181106111506j:plain

鳥もいました。カモが気持ちよさそうに泳いでいるかと思うと、アオサギがすっと背筋を伸ばして姿勢よくたっている姿も!アオサギほどの大きな鳥も住んでいるのかと思い、びっくりしました。

私たちが行ったころは、まだ紅葉の時期には早かったのですが、紅葉や桜、新緑の時期にはさらにキレイでしょうね。もう10年ほど前になりますが、桜の時期に夜桜ライトアップのイベントがあり、見に行った記憶があります。また時期を変えて行ってみたいと思います。

 

近隣のおすすめ観光スポット「深川江戸資料館」

清澄庭園の近くには、深川江戸資料館があります。清澄庭園から徒歩5分程度のところにあるので、併せて観光するのもおすすめです。

清澄庭園は、1時間もあれば十分満喫できるので、次は深川江戸資料館へレッツゴー♪ 

深川江戸資料館はどんなところ?

深川江戸資料館は、江戸時代の町並みを再現している施設。八百屋、米屋、船宿など様々な家があり、その家の中に上がり込んで生活道具を見たり、触れたりすることが出来ます。館内にはガイドさんがいて、家の作りや生活道具など、当時の人々の暮らしを説明してくれます。また、照明効果によって朝~夜の1日の変化を15分サイクルで表現しています。明るくなったり、夕日が出てきたり、暗くなったり、雨が降ってきたりと、おもしろいです。

f:id:kurasinomemo:20181106111640j:plain

 

ガイドさんの話がおもしろい!

昔のものを見て触って、それだけでも面白いのですが、ガイドさんがとっても説明上手で、お話が面白いんです!各家にどんな人が何人住んでいて、どんな暮らしぶりかが設定されていて、生活道具をみながら、それを説明してくれます。自分でみていると、「これは昔の台所だな」「昔のトイレだな」「昔の箪笥だな」くらいの感想だったのですが、持っている道具のレベルや、家のトイレの有無、箪笥の配置などから、どのような生活を送っていたのかを詳細に説明してくるんです。ガイドさんの話を聞くと、本当に当時の暮らしぶりがよくわかります!せっかく行くなら、ぜひガイドさんの話を聞いてみてください。

f:id:kurasinomemo:20181106111653j:plain

 

実は、子供たちを連れてくるのは2回目。イベントがあったからか、前回より、混んでいたのでガイドさんはほかのお客さんを案内しており、あまりお話を聞くことはできませんでした。ガイドさん目当てなら、平日にゆっくり観光するか、イベントの無い日に行ったほうがいいかもしれません。

 

深川江戸資料館

住所:東京都江東区白河1-3-28

電話:03-3630-8625

料金

大人:400円

中学生:50円

小学生:50円

私たちが訪れた際は、清澄庭園のチケット持参で割引がある旨の案内がありました。大人は100円引き、子どもは20円引きになりました。(清澄庭園では、小・中学生は無料なのでチケットはありません。その旨、説明すると子供の分も20円引いてくれました。)割引はいつもやっているのかは分かりませんが、確認してみると、お得に観覧できるかもしれません。