【子供の花粉症】子供(5才)アレルギー検査でスギ花粉症発覚しました

先日書いた記事の続きをまとめたいと思います。

▼先日の記事はこちら。

kurasinomemo.hatenablog.com

長男の目の充血&腫れは、眼科でアレルギー用の目薬を処方してもらい良くなってきたものの、なかなか完治はしません。小児科も受診し、相談してみました。

眼科で処方された目薬のこと

眼科で処方された目薬は、①レボカバスチン点眼液、②フルオロメトロン点眼液。

フルオロメトロン点眼液はステロイドが入っており、強い薬だそうで、使用を止めるように小児科の先生からアドバイスを受けました。

少しだけだけど、使ってしまったので焦りました(汗)

 

小児科で処方された目薬のこと

小児科の先生の話では、「アレルギーにも種類があるので、アレルギー用の目薬を組み合わせると効果的」だそう。

眼科処方のレボカバスチン点眼液に加え、ペミラストン点眼液を併せて使用するよう、処方されました。 

すると!!長男の場合は、3~4日で治りました。

 

アレルギー検査を受けた

長男は、昨年の同時期にも鼻水が長引いた経緯があるので、アレルギー検査をすることになりました。

今回調べた項目は花粉(スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ)とダニ、ハウスダスト。検査結果は1週間程で分かり、結果、スギ花粉症でした。クラスは3でした。(クラス3というのは、アレルギー反応としては、軽めのレベルだそうです。)

 

20170307 アレルギー検査の結果

 

花粉症、遺伝は関係するの?

ちなみに私も主人もスギ花粉症ではありません。私はブタクサとハウスダストアレルギー。主人は検査を受けたことはないのですが、恐らく、ハウスダストアレルギーです。 

 

子供の花粉症に処方された薬のこと

長男は、夜になると症状がひどくなり、鼻づまりで苦しくなり、起きることもしばしば。花粉症の薬として、アレロック顆粒と、オノンドライシロップを1日2回服用することになりました。

花粉が落ち着く4月上旬までは、症状が無くても飲み続けるそう。 

既に症状が出ている場合、薬の効果が出るまで少し時間がかかるそうです。

長男の場合は2月24日から服用し始め、3月4日から症状が落ち着き始めました。

今シーズンは薬に頼ることになるけど、来シーズンまでには体質改善を頑張っていきたいなと思っています。

 

▼【子供の花粉症】関連記事はこちら

kurasinomemo.hatenablog.com

kurasinomemo.hatenablog.com

kurasinomemo.hatenablog.com

kurasinomemo.hatenablog.com